雨漏り修理が遅れた事例

人の体は高齢になっても自然治癒しますが、物体はそうではありません。

時間経過とともに必ず劣化するのが自然法則です。

まして、雨漏りしていたら劣化の進行度は加速します。

まずはご相談ください。

すぐに対処したら

雨染みが少し残ったくらいで我慢できる程度です。

1年経過後に対処したら

雨漏りを止めてのこの見た目は残ったままです。

木枠が腐って黒ずんでいます。

指先でおすとグズッとへこんでしまいました。

当然、大工工事で木枠を取り換えなければなりません。

3年経過後に対処したら

黒カビやキノコがびっちり生えています。

モルタルが施工されている構造用合板が完全に腐敗しています。

指で触るとお菓子をつついたように穴が開きます。

①足場架設②既存壁撤去③下地板④アスファルトフェルト⑤ラス⑥モルタル⑦塗装⑧内装ボード⑨内装クロス、といった工事施工が必要です。

家全体にこのような箇所があるなら、人が住める状態になるには数百万円は掛かります。

その他の事例

2年経過後ー天井裏

10年経過後ー屋根野地板

1年経過後ー天井

1年経過後ー内装ボード

半年経過後ー内装ボード

2年経過後-共用廊下天井

2年経過後ー窓の木枠

1年半経過後-天井裏

諸事情がおありのことと思いますが、

可能ならばすぐ雨漏りに対応されることをお勧めします。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、「お電話」「メール」「弊社公式LINE@」にて受け付けております。

弊社公式LINE@登録はこちらhttps://line.me/R/ti/p/%40trl9458p

よくあるご質問
  • 雨漏りについて相談したいのですが?
  • おおよその費用はどのくらいかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

雨漏りに関するどのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:7:00~19:00(日曜日定休)

お見積りをご希望のお客さまへ

雨漏りの調査および修理工事は一軒一軒大きく状況が異なります。適切な施工をするためにもお見積もり前の詳しい調査が不可欠です。まずはお電話にてヒアリングをさせていただき雨漏りカルテを作成(無料)いたしますので、お電話もしくはお問合せフォーム、弊社LINEなどからお気軽にご相談ください。