福生市,青梅市,あきる野市などの雨漏りでお困りの方へ。屋根と外壁の診断修理実績13年450件以上!

熱血職人が雨漏り診断と修理を直接施工!

『雨漏り診断修理のホークアイズ』

株式会社 ホークアイズ

〒197-0003 東京都福生市熊川338-1-101  電話受付7:00~21:00(日曜定休)

お気軽にお問合せください

042-511-5603

雨漏り診断士よねだのブログ

専門的な情報を分かりやすく説明したり、日常業務を報告したり、言いたいことを掲載しているブログです。

あなたは、”雨漏り”にとっての最大の敵は何だと思いますか?

「何の話だ?なにを言っているのだろうか?」と思われたでしょうか?

たとえば複数の人間が関係しているトラブルを解決しようと思う場合、「発端はなんだ?誰が原因なんだ?」と考えるでしょう。

おなじように雨漏りに関する敵を知るということは、雨漏りというトラブルの本質を射抜いて最適な修理をするのに不可欠です。

検索結果に表れるどのサイトを見ても、その答えを分かりやすく説明しているものはありませんので、今回は簡単にご説明しようと思います。

 

こたえは「雨水」です。あめです。みずです。

 

「敵を知り己を知れば、百戦危うからず」という孫子のことばがありますが、雨漏りの最大の敵は「雨水」であり、建物の欠陥ではありません。

建物は「己」、敵は「雨水」です。

建物(己)に欠陥があっても、雨(敵)が降らなければ雨漏り(戦の負け)は発生しないからです。

 

戦いで最重要なのは敵の力と性質を知ることです。

敵の強さと戦い方に合わせて、自分は戦うか、逃げるか、迎合するかを決めるからです。

雨漏りの解決も全く同じです。

敵は雨水なのですから、雨水がどんな性質なのか知っていなければ防ぎようがないではありませんか。

 

日本の建築学における雨仕舞の権威である石川廣三先生によると、雨漏りが発生するのは

①雨水の動き方を予測しそこなった(敵の要素)

②建物に欠陥が生じた(己の要素)

の二つです。

 

ですから②の「建物に欠陥が生じた(己の要素)」ばかり考えていては、根本解決(百戦に勝つ)はできないということです。

 

そのようなわけで雨漏りの敵は雨水であり、建物の欠陥ではない、ということになります。

福生,昭島,立川,武蔵村山,瑞穂,羽村,青梅,日の出,あきる野,八王子,日野など西多摩地区専門の雨漏り診断修理のホークアイズ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-511-5458

受付時間:8:00~19:00(土日祝を除く)