福生市,青梅市,あきる野市などの雨漏りでお困りの方へ。屋根と外壁の診断修理実績13年450件以上!

熱血職人が雨漏り診断と修理を直接施工!

『雨漏り診断修理のホークアイズ』

株式会社 ホークアイズ

〒197-0003 東京都福生市熊川338-1-101  電話受付7:00~21:00(日曜定休)

お気軽にお問合せください

042-511-5603

専門的な情報を分かりやすく説明したり、日常業務を報告したり、言いたいことを掲載しているブログです。

雨漏り修理工事 あきる野市 タイル外壁

鉄骨造のアパートです。

長方形のALC板を建物全体に取り付けてから、その上にタイルが貼られています。

長方形のALC板を貼ると”継ぎ目”が沢山できます。

その継ぎ目を覆うようにタイルを貼ると地震の時にタイルが割れやすいです。

ですからALC板5枚につき1本の割合で継ぎ目の真上に”縦目地”を設けます。

縦目地を設けてそこに変成シリコンシーリングを施工します。

変成シリコンシーリング材は硬化するとゴム状になるので地震で揺れても大丈夫です。

こうすればタイルにヒビが生じないようになります。

しかしこの建物はシーリング材ではなく、”モルタル”が詰めてありました。

モルタルは弾力性が一切ありませんので、目地に詰めてもヒビを防ぐことはできません。

これは不良施工です。

このような状態だと、台風や豪雨などのときに雨漏りしやすくなります。

台風や豪雨時は風の強い圧力で小さなヒビでも雨がしみこみやすいのです。

そこできちんとシーリング防水を施工するために、不適切なモルタルを除去しています。

福生,昭島,立川,武蔵村山,瑞穂,羽村,青梅,日の出,あきる野,八王子,日野など西多摩地区専門の雨漏り調査と修理の専門家ホークアイズ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-511-5603

受付時間:7:00~21:00(日曜定休)