福生市,青梅市,あきる野市などの雨漏りでお困りの方へ。屋根と外壁の診断修理実績12年400件以上、一発ストップ率99%!

熱血職人が雨漏り診断と修理を直接施工!

『雨漏り診断修理のホークアイズ』

株式会社 ホークアイズ

〒197-0003 東京都福生市熊川338-1-101  電話受付7:00~21:00(日曜定休)

お気軽にお問合せください

042-511-5603

雨漏り診断士よねだのブログ

専門的な情報を分かりやすく説明したり、日常業務を報告したり、言いたいことを掲載しているブログです。

雨漏り診断士よねだの生い立ち-3 福生市

1989年に都立拝島高校に入学しました。今まで通っていた中学校の目の前です。7m位はなれた、通りの反対側です。ですから今までよりも通う距離がみじかくなり、同時に自転車で通学できるので楽になるなーと考えていました。

高校に入ってからは人に好かれようと努力しました。大したことではありませんが、意識して挨拶をしたり、話をよくきいたり、物を落としたら拾ってあげたり、というようなことです。そのおかげで男子も女子も友達ができました。

「高校生になったらすぐに彼女を作って青春だぁ―」と思っていましたが、男友達やクラブの先輩たちと遊ぶほうが楽しくなっていました。しかし、遊ぶにはお金が要ります。そこでアルバイトをはじめることになりました。

人生で初めてのアルバイトは弁当工場での作業でした。国道16号沿いにある弁当工場で、指定されたお弁当をピックアップしてゆくのですが、、、これが大変苦痛でした。楽なはずなのに苦痛でした。ですから1週間でやめてしまいました。次は家の目の前にあるガソリンスタンドです。これは辞めたりまたやったりの繰り返しでした。

高2の夏には友人と一緒に塗装屋さんでアルバイトすることになりました。人里離れた場所にあるアパートの鉄格子をゴシゴシこすり錆を落としました。いわゆるケレン作業です。

ホコリとサビにまみれて真っ黒になり、真夏ですから汗でまみれて顔は真っ黒でべちょべちょ、全身びしょ濡れになります。だけどすごく楽しかったです。弁当をつまみあげているよりも、はるかに疲れているはずなのに楽しかったです。

同じ夏にその塗装屋さんの社長さんのご自宅の屋根を、友人と二人で塗装させてくださいました。屋根に上って同じくゴシゴシケレンをかけます。トタンだったので猛烈に熱くなり、安物の靴裏のゴムは溶けてきてぬるぬるしだします。

鼻のなかは真っ黒で全身びっしょり、暑さでクラクラしてきます。暑くてどうしようもないので、友人と二人で上半身裸になり、頭から水をびて作業していました。しかも奇声を上げながら、、、。それが楽しくてしょうがありませんでした。

作業終了後に友人宅でシャワーを借りてさっぱりしました。夏の夕暮れで福生市内の玉川上水付近ではヒグラシがないていました。昼間の暑さがスゥーと抜けてゆき、心地よい川風が全身を包んでくれます。

そこで友人と二人で缶ビールを飲みました。ジュースとはまるで違う旨みを、体の内部全体で感じたのをはっきり覚えています。すごく満足で充実感があって幸せでした。

この体験が私を職人仕事に向かせるきっかけの一つだったように思えます。その友人とはもう随分長いこと会っていませんが、きっかけの一つを与えてくれたことに感謝しています。

次のアルバイトは型枠大工の手元でした。型枠大工とは鉄筋コンクリートの建物を作る仕事です。たくさんの木枠を大工さんのところまで運びます。これは塗装より給料が良かったです。

当時は平成バブルの真っただ中ですから、アルバイトの私にもボーナスをいただきました。いい時代でしたね。(しかし、この当時に建てられた建物は現在雨漏りする可能性が高いです。)

高校生時代にこのような職人のアルバイトを経験させてもらったおかげで、父親から受け継いだ職人の遺伝子にスイッチがはいったように感じます。

1992年の春になんとか高校を卒業できました。

それからわたしは多くの仕事を経験することになります。人生を掛けることに決めたシーリング防水に出会うのはそれから14年後の事です。

福生,昭島,立川,武蔵村山,瑞穂,羽村,青梅,日の出,あきる野,八王子,日野など西多摩地区専門の雨漏り調査と修理の専門家ワイズ・ハンディー

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-511-5458

受付時間:8:00~19:00(土日祝を除く)

LINE@で問い合わせ

名前、住所、電話番号、一切知らせずに問い合わせができます。だから手軽で安心。

雨漏りしている時に
呼んでください!

ポタポタと雨漏りしている真っ最中に目視診断できれば、原因箇所の絞り込みにかなり役立ちます。

事情を調整してできるだけ早く伺いますので、まずは電話してみてください。

人間が造ったものであれば、
どんな建物でもOKです!

木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、PC造。一般住宅、アパートマンション、社屋、工場、倉庫。

どんなタイプの建物でも原因究明できます。

後悔したくないなら
最初に私へ。

『無料調査をする会社に依頼したが、調査や説明が不明瞭で雨漏り修理の専門家とは感じられなかった』

という方が私に相談されます。

そうなる手間も心配も増えます。

ですから最初に私を呼んでください。

2回電話するだけで、
私が専門家だとわかります。

まず、無料調査をする大きな会社などに電話して

Q1:誰が直すのか?
Q2:どうやって直すのか?
Q3:調査が無料なのはなぜか?

を質問してください。

その後私に電話して同じ質問をしてください。

どちらが専門家が実感できます。

赤外線カメラだけでは
原因箇所なんかわかりません。

はっきり言いますが、高額な赤外線カメラを使用するだけでは雨漏りの原因箇所なんか絶対に分かりません。

ランボルギーニを買うだけで最高のレーサーになれるわけではないのと同じです。

それよりも重要なのは脳の中に入っている調査能力です。

「赤外線カメラを使用します」をむやみに強調してる会社ははっきりいって調査能力が低いです。

外壁塗り替えをしても、
雨漏りは止まりませんよ。

本当のことを言いますが、色を塗ってきれいにしても雨漏りは止まりません。

体を洗うだけでは怪我を直すことができないのと同じですね。

コツコツ投稿し続けて日本1達成。

雨漏り調査はこんなふうにしているんです。

塗り替え、防水工事が大好き!

工事するのが楽しいから、手抜きなんかしたくない。下処理じっくり、材料たっぷり、仕上げがっちり!

日本一だなんていいませんが、かなりまじめに工事してます。

仕事への意気込みや考え方などを話しています。

この人、どうだった?
良い?悪い?

自らの家を設計した一級建築士は、なぜ雨漏り診断士米田を選んだのか?